四国中央市メンズエステ「オレンジスパ 三島店」の写メ日記ページです。

OPEN 18:00~LAST TEL 0896-23-6654

DIARYセラピスト日記

「五味」と「五臓」と「精油」石野2018-04-04 18:45:00
こんばんは。本日は、昨日からの流れで
五味に対応する五臓と精油について
ご紹介していきたいと思います。

酸(すっぱい)
収れん作用や漏れ出るものをとめるような
作用があります。
対応する五臓:肝
対応する精油:オレンジスィート、
          グレープフルーツなど

苦(苦い)
こもった熱を取り除き、体内の余分な水分を
取り除く作用があります。
対応する五臓:心
対応する精油:ラベンダー、ネロリなど

甘(甘い)
胃腸の働きを整えて、気や血を補い
急な症状を和らげる作用があります。
対応する五臓:脾
対応する精油:スィート・マジョラム
         コリアンダー

辛(辛い)
気や血の巡りをよくして発汗を促し、
痛みをと除く作用があります。
対応する五臓:肺
対応する精油:ユーカリ、ティートリーなど

鹹(しょっぱい)
塩辛い味のこと。固まったものを柔らかく
したりする作用があります。
対応する五臓:腎
対応する精油:ジュニパーベリー、
          シダーウッドなど

それぞれの五臓がよわっている時に
対応する精油を使ってみたりしては
いかがでしょうか?
また、甘いものを欲している時は、
「脾」が弱っていて、体が甘いものを
求めているかもしれませんよ。